【この差】家庭で実践「足のゆがみ(浮き指)」の劇的改善方法!セルフチェック!伝授SP

専門家:栗原隆(栗原隆ウェルネスクリニック 院長)

 

【気付かないうちに生じている「足のゆがみ」】は…

 〇「浮き指」。「足指グーパー体操」で改善を!

 

【この差】のポイント!

 〇 危険性をチェックして、家庭でもできるセルフチェックや改善方法を試そう!

 

気付かないうちに生じている「身体の問題」とは?


実は近年、様々な生活環境の影響で、気付かないうちに、私たちの体に「ある問題」が起こっている。それが、体の「ゆがみ」!

例えば、運動不足によって、足の筋肉が衰えて、ヒザが開いてしまったり、体に負担がかかる、「悪い姿勢」を続けることで、背骨がゆがんで、腰が曲がってしまうなど。これらの「体のゆがみ」を放っておくと、ヒザ痛や腰痛だけでなく、歩行困難などの重病に発展してしまう危険性がある。

そこで今回は、ゆがむことによる「危険性」、ゆがみを自分で発見出来る「セルフチェック法」、さらに、その「改善方法」を専門医に教えてもらう。

「足」の変形:「浮き指」とは?

このライフスタイルの変化で起こる足の変形が「浮き指」。

「浮き指」とは、直立したときに足の指に体重がかからないで、指が浮いてしまう状態のこと。

実は、この足の指が1本以上浮いている方は、男性では大体6割、女性では大体8割ぐらいいると言われている。

なぜ、現在「浮き指」が、これほどまでに増えているのか?一番の理由として考えられるのが、「裸足になる時間が短くなった」こと。

私たちは裸足で歩くと、自然に、地面を指で「掴む」ようにして歩くため、無意識のうちに足の指の筋肉が鍛えられる。

最近は、外で靴を履くことはもちろん、家の中でもスリッパを履くようになったということで、より足の指の筋肉を使わなくなってきているという風に考えられる。

さらに、一見、指が浮いていないように見えても、実は、足の指の筋肉をちゃんと使えていない「隠れ浮き指」の人が、たくさんいる。

危険性とは?

「浮き指」になってしまうと、指が浮いている分、歩いたときの衝撃が足の裏全体に分散出来ないので、ヒザの負担が強くなってしまう。

結果として、「ヒザの痛みの原因」につながっていくと考えられる。

セルフチェック法とは?

「浮き指」のセルフチェック法。「浮き指」をチェックするには、まず裸足になった状態で、足の指にぎゅっと力をいれて「グー」の形にする。

「グー」の形をした時に、この指の「付け根の骨」が飛び出ている場合が正常。「浮き指」の方の場合は、指の「付け根の骨」が飛び出ない。

改善方法とは?

「浮き指」を改善する体操としては、「足指グーパー体操」が効果的!「足指グーパー体操」とは、その名の通り、足の指でグーとパーを交互にするだけのシンプルな体操!

小指の方から力を入れていくとより効果的。小指から握っていく、これ結構つりそうな感じだが、小指の方から力をいれていくと力入りやすい。次に「パー」にする。足の指5本の指を思い切り広げる。

このグーパーの動きを1回10セット、朝晩の1日2回行うだけで、足の指の筋肉が鍛えられて、「浮き指」の改善が期待できる。

 

【minnano編集部】
気付かないうちに生じている「体のゆがみ」の差は、いかがでしたか?

「ストレートネック」はよく聞きますが、「浮き指」は聞いたことがなかったです!でも思いたる症状はあったので、さっそくセルフチェックと改善方法を試したいと思います。

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年4月2日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

free