【この差】なぜ惣菜売り場の「輪ゴム」は、緑色や赤色なのか?の差

 

【この差】は…
 〇「揚げ物」に紛れてしまわないように、あえてカラフルにするか どうか

【この差】のポイント!

 〇一般的な「黄土色の輪ゴム」は、「揚げ物」の色と同化しやすいため。

 

なぜ、惣菜売り場に置いてある輪ゴムは、カラフルなのか?

都内のスーパーを番組で調べたところ、約7割のスーパーに置いてあった!!

「揚げ物」と「黄土色の輪ゴム」の色

惣菜売り場で、惣菜をつめる時に置いてある輪ゴムがカラフルなのは、「揚げ物」に紛れてしまわないように、あえて「カラフルな輪ゴム(緑色・赤色など)」にしているとのこと。

実際に、一般的な「黄土色の輪ゴム」を「揚げ物」に近づけてみると、色が近いため、紛らわしくて、「揚げ物」と一緒に詰めてしまう可能性がある。

さらに最悪の場合、「揚げ物」と一緒にトレーに入れてしまったり、誤って口に入れてしまう可能性も考えられる。

「カラフルな輪ゴム(緑色・赤色など)」にすることで、気付きやすい。


カラフルな食品には?

一方、緑色の野菜をまとめる場合や、赤色のお肉を包む場合は、同様の理由で、一般的な「黄土色の輪ゴム」を使用している。


 

【minnano編集部】
スーパーのお惣菜売り場の輪ゴムの差!何気なく利用していますが、納得の理由でしたね♪

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年5月7日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)