【この差】川田裕美の結婚式までには身に付けたい!?「結婚祝い」の「ご祝儀袋」にまつわる差

専門家:井垣利英(マナー講師)

 

【この差】は…
 〇「ご祝儀袋」を選ぶ時は、「水引が引っ張っても解けないモノ」がふさわしい。

 〇「お札を入れる向き」は、封筒とお札の表側を合わせ、肖像画が上になるように入れる。

 〇「包んだ金額」は、「封筒の表側」に「旧字体」で書く。

 〇「自分の名前」は、「表書き」より小さく、控えめに書く。

 〇「持っていく時」は、「ふくさ」に入れ、「右側が前」になるように包む。

 

【この差】のポイント!

 〇「お葬式」との違いに注意が必要。

 

今回は、「結婚祝い」の「ご祝儀袋」にまつわる悩みことを解決!


「ご祝儀袋」は、他にも「お札はどのように入れたらいいのか」、「どのような包み方が正しいのか」など、悩むことがたくさんある。

そこで、今回、大人なら 知らないと恥ずかしい!「結婚祝い」を包む時の「ご祝儀袋の正しい作法」を、お店で「ご祝儀袋」を選び、お札を封筒に入れて、いくら包んだのか金額を記入、そして「ご祝儀袋」に自分の名前を書いて、「結婚式」に持って行くまでを一連の流れに沿って解説する。

①「結婚祝い」の「ご祝儀袋」の選び方とは?

最初の「ご祝儀袋の作法」は、「ご祝儀袋」の選び方。

実は、「ご祝儀袋」の中にも「結婚祝い」にふさわしくないものがある。

それは、「水引」がほどけるか、どうか。

「ご祝儀袋」についている「水引」。これには、「引っ張ると解けるモノ」と「引っ張っても解けないモノ」がある。

結婚式の場合、何度もということはないため、「結婚祝い」を包む時は「引っ張っても解けないモノ」がふさわしい。

「水引」が引っ張ると解けるご祝儀袋の使い道とは?

「水引」が引っ張ると解ける「ご祝儀袋」は、「何度でもあっていいお祝い事」、「何度あっても嬉しい事」に使う。

例えば、「出産」や「誕生日」、「入学・卒業祝い」、「長寿のお祝い」などがふさわしい。


②「結婚祝い」の「お札の入れ方」とは?

「結婚祝い」の「お札を入れる向き」。

まず「ご祝儀袋の中袋」の表裏は、折り目が出ている方が「裏側」。

「お札」の表裏は、肖像画の顔が見える方が「表」。

この「お札の表」と「中袋の表」を合わせないといけない。

そして、大切なポイントとしては、「お札」の顔を上に入れないといけない!お祝い事なので、気持ちが上がるので、顔も上に上げておくということが重要。

ちなみに、「お葬式」の時は、顔を下にしておく。

よって、「お札を入れる向き」は、「封筒の表側」と「お札の表側」を合わせて、肖像画が上になるように入れる。


「結婚祝い」のご祝儀の相場は?


「結婚祝い」のご祝儀の相場は、「親族」なら3万円から10万円。「同じ職場の人」や「友人」などは3万円から5万円とのこと。


③「結婚祝い」の封筒に書く「金額の書き方」とは?

封筒に書く「金額の書き方」。

まず「袋の表側」に、「金額を書く」のが正しい書き方。

そして「金額の書き方」は、「旧字体で書く」のが正しい。

一生に一度しかない結婚式は、とても大切な場なので、勝手に書き換えられるような改ざんされることを防ぐという意味で「旧字体で書く」というのがふさわしい。

包んだ金額は「封筒の表側」に、「旧字体」で書くこと。

「也」は書くの?

また「也」は、昔、「円」の下に「銭」とか「厘」という単位があったため、「也」と書くことによって、ここまでと示した。

現在では「円」までしかないため、書いても書かなくてもどちらでも良い。


注意!お金を入れた封筒を「ご祝儀袋」に入れる際


お金を入れた封筒を「ご祝儀袋」に入れる際、気を付けなければならないのが、うしろ側の「おり方」。

「結婚祝い」の場合、必ず「ご祝儀袋」の「下側」が「上」にくるように折ること!

その理由は、先ほどの「お札の入れ方」と同様に、「お祝い事」なので「気持ちが上を向いている」ということで、「上向き」に折るのがふさわしい。

逆に、「下向き」に折ってしまうと、「気持ちが下を向いている」、つまり「お葬式の時の折り方」になるので気を付けて下さい。


④「結婚祝い」の「自分の名前の書き方」とは?

続いての作法は、「自分の名前の書き方」。

まず、表書きの「寿」の言葉よりも、名前は小さく書く。

お祝いの気持ちの方が大事で、自分のアピールの場ではないため、小さく書いて、謙虚な気持ちを表すってことが大事。

日本人の美学なので、「自分の名前」は「表書き」より小さく、控えめに書くこと。


⑤「結婚祝い」の「ご祝儀袋の持って行き方」とは?

続いての作法は、「ご祝儀袋の持って行き方」。

最近は、「ご祝儀袋」を、裸でカバンに入れたり、買った際のビニール袋で持っていく人が増えているが、本来やってはいけないこと!

正式には「ふくさ」というものに入れる。「ふくさ」には、いろいろな種類があるが、この「ふくさ」に入れて持っていく、ということが大切。

ポケット付きの「ふくさ」の使い方とは?

最近では、折りたたみ式の2つポケットが付いているモノもあるのでオススメしたい。ちなみに「結婚式」にも、「お葬式」にも持っていける。

この折りたたみ式の2つポケットが付いている「ふくさ」の場合、「結婚祝い」は「左のポケット」がふさわしい包み方。

その理由は、「着物」と同じ。

着物の正しい着方は、向かって「右側が前」になるように着る。

ちなみに、亡くなった方が着る「死装束」というのは、向かって「左側が前」に来るように着る。この人が亡くなるってことは、普段とは違うことなので、逆にするということ。

「ふくさ」の包み方も、着物と同じで、向かって左側が上になるような包み方をしてしまうと、お葬式の時の包み方になってしまう。

そこで、結婚式に行く場合は、必ず「ふくさ」の左側に「ご祝儀袋」を入れて、包んだ時に右側が前になるようにするのが、正しい包み方になる。

よって、「結婚祝い」を持って行く時は「ふくさ」に入れ、「右側が前」になるように包む。

風呂敷型の「ふくさ」の使い方とは?

風呂敷型の「ふくさ」の場合も、同様に、「右側が前」になるように包む。

まずは「左側」を中に折り、「上側」を下に折り、「ご祝儀袋」と同様に「下側」を上にする。

最後に「右側」をたたむと「右側」が前にくる 正しい形になる。

逆に、「右側」、「下側」、「上側」、「左側」の順にたたむと、左側が前にくる「お葬式の時の包み方」になる。


 

【minnano編集部】
「結婚祝い」の「ご祝儀袋」にまつわる差は、いかがでしたか。

間違ってはいなくても、理由がわからなかったことが、いくつかありました。意味を知っておくと、今まで以上に気持ちも込められそうですね♪

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年5月14日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)

free