【この差】上地雄輔が劇的進化!たった3つのポイント「字が整っている人」と「字が整っていない人」の差

専門家:萩原季実子(美文字講師)

 

【この差】は…

 〇 縦線や横線を書くときに、書き始めに斜め45度の「打ち込み」を入れる!

 〇 一・二・三の横線は、全て違う向きに書く!

 〇 四角形はタテ線を真っすぐにおろすのではなく、逆台形になるよう書く!

【この差】のポイント!

 〇3つのコツを意識さえすれば、誰に見せても恥ずかしくないような「整った字」が書ける!

 

もうちょっとだけ「整った字」が書きたい!

スマホやパソコンなどが普及した今でも、「あいさつ状」や「お礼状」、冠婚葬祭の「ご祝儀袋」や「お香典」など「字を手書き」する機会は多い。

しかし、どんなに丁寧に書こうとしても「字が整っていない人」も。そんな字が整っていない方の中には、「美文字」まではいかなくとも、「もうちょっとだけ整った字が書きたい!」という方も多いのでは?

そこで、シリーズ累計17万部の大ヒット!「誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳」の著者、萩原季実子先生に「整った字」を書くコツを聞いてみた!

「整った字」を書くためには3つの基本ポイントが!

実は、「整った字」を書くためには、3つの基本ポイント(コツ)を意識さえすれば、誰に見せても恥ずかしくないような「整った字」が書けるようになる!

早速、「字が整っていない」と悩む5人の方に集まって頂き、「整った字」が書けるようになる3つのコツを伝えた所、

なんと「整った字」が書けるように!

「整った字」を書くためには3つの基本ポイントを伝授!!

【1】「整った字」を書くための1つ目のポイントとは?

1つ目のポイントは、書き始めに「打ち込み」を入れるべし。

縦線や横線を書くときに、書き始めに斜め45度の「打ち込み」を入れる。

ただの線ではなくて、「打ち込み」が入ることによってメリハリがでますので、これでより「整った字」に印象が変わる。

「打ち込み」は、大げさぐらいでちょうといい!

字が重なっている部分は、あまりはっきりと出ないので、「打ち込み」を入れない。

しかし、土田の「土」の場合は、「土」は3つ打ち込み入れる。

【まとめ】書き始めに「打ち込み」を入れるべし!

【2】「整った字」を書くための2つ目のポイントとは?

2つ目のポイントは、「一、二、三で横線をマスター」すべし。

「整った字」が書けない方に、この「一、二、三」という字を書いて頂くと、横線が全て同じ向きに書かれている。

しかし実は、この横線が違う方向に向いていると、字が大人っぽく整ったように見える。

「一」を書くポイント!

まず、先ほどのポイント、斜め45度の「打ち込み」をしっかりいれる。

そして、上がって下がる。弓なりにカーブを描くように「一」を書く。

「二」を書くポイント!

「二」の書き方は、「一」と同じように「打ち込み」45度に入れたら、斜め上に直線に書く。

そして、2画目は「一」と同じように「打ち込み」を入れたら、弓なりにカーブに線を上げて落としていく。「一」と同じ書き方。

「一」を書くポイント!

「三」の書き方は、「一」と「二」と同じように打ち込みを入れたら、斜め上に線を引き上げる。2画目は打ち込んだ後、真横に直線に引く。

そして3画目は、斜め45度に「打ち込ん」だら、「一」と「二」と同じように上がって下がる。

【ポイント】「一、二、三を書くコツ」は、他の漢字にも応用出来る!

この「一、二、三を書くコツ」は、他の漢字にも応用出来る!

「二」が入っている漢字は、例えば「土」の場合、「二」を書くようなイメージを持って書くとよい。

同様に「三」が入っている漢字は、例えば「春」の場合、「三」を書くようなイメージを持って書くとよい。

【まとめ】「一、二、三で横線をマスター」すべし!

【3】「整った字」を書くための3つ目のポイントとは?

3つ目のポイントは、「四角形は逆台形」にすべし!

3つ目のポイントは、「整った字」が書けない人に、四角形の字を書いてもらうと、例えば「申す」などの字のように、ほとんどの方が「四角形を真四角に、縦線がまっすぐおろして字を書いてしまう」方が多い。

しかし実は、四角形を逆台形に書くと、字が非常に整って大人っぽく見える。

まず、しっかりと1画目に打ち込みを入れたら、このまま真っすぐ下ろすのではなくて、内側に入る。そして、縦線。ぎゅーっと内側に。

そのあと、打ち込んで、最後はしっかりとまっすぐおろす。

実はコレ、すごく上級なのですが両脇に隙間を空けると、より抜け感が出て上品な字になる。

【ポイント】「縦長の四角形」は、逆台形にしないほうがいい!?

このコツは他の漢字にも応用することが出来るが、注意が必要!

「日」や「目」のような「縦長の四角形」は、逆台形にしないほうがいい!

【まとめ】「四角形は逆台形」にすべし!

【ポイント】「ひらがな」は打ち込まない!?

この「打ち込みのルール」は、「漢字」と「カタカナ」だけ!

「ひらがな」は打ち込まない!

打ち込んでしまうと、それが力強さを出してしまうので、頑張っているぎこちない印象になってしまう。

「ひらがな」は、柔らかさ、曲線が非常に魅力を出す線なので、逆に打ち込まないというのがポイントになる。

 

【minnano編集部】
「字が整っている人」って、素敵ですよね♪

今回、上地さんや加藤さんの進化ぶりに触発されて、実際にスタッフ全員でやってみたら、上手に書けましたよ。気になる方は是非お試しください♪

みなさんの感想やエピソード、疑問などレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

※「この差って何ですか?(2019年7月9日放送)」をチェック!!専門家のわかりやすい解説と出演者のトークが楽しめますよ!!

(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)