【この差】「パートナー」を紹介する時の呼び方の差

 
専門家:山口謠司(大東文化大学 准教授)
 

アンケートでは、「奥さん」と答えた人が一番多かった。

 


 

この差は・・・
 現代社会においては、自分のパートナーを呼ぶ言葉は「妻」1つだけ。

 

「妻」という呼び方

両親が認めた共に生活する女性のこと
パートナーを呼ぶのに適した言葉最古の呼び方。日本最古の歴史書「古事記」にも記されている。

しかし、奈良時代に婚姻制度はない。ともに生活する女性を「妻」と呼んでいた。明治時代に婚姻制度が作られ、正式に「妻」と呼ぶようになった。

 

「嫁」という呼び方

息子のパートナーのこと
1275年頃の鎌倉時代「名語記」で、息子の妻を「嫁」と呼ぶようになった。

「良い女」が来てくれたことを「良(よ)い女(め)」が「ヨメ」となったといわれている。よって、パートナーを呼ぶのに適さない言葉といえる。

 

「女房」という呼び方

使用人の女性のこと

使用人の女性を「女」、その女性がいる部屋を「房」と呼んでいたため、使用人の女性を「女房」と呼ぶようになった。よって、パートナーを呼ぶのに適さない言葉といえる。

 

「奥さん」という呼び方

奥の方の部屋に住む女性のこと
1562年頃、室町時代の「北条幻庵覚書」に「おくがた」という言葉が記されている。

身分の高い屋敷の主は、パートナーの女性を「奥の方の部屋」に住まわせていた。そこで、「奥の方の部屋に住む女性」を「奥方」と呼ぶようになった。その後、次第に変化して「奥様」「奥さん」と呼ばれるようになった

よって、「屋敷の主のパートナー」を指す言葉で、他人のパートナーを呼ぶ呼び方のため、自分のパートナーを呼ぶのに適さない言葉といえる。

 

「家内」という呼び方

家の中にいる人のこと
「家内」は家の中という意味。明治時代、会社制度が誕生し、男性は家の外の会社で働き、女性は専業主婦として家の中を守るとされていた。そのため、家の外で働くようになった人が、自分のパートナーを家の中にいる人という意味で「家内」と呼ぶようになった。よって、家の外で働く女性が多い現代においては、自分のパートナーを呼ぶのに適さない言葉といえる。

 

「カミさん」という呼び方

目上の人のこと
「カミさん」は「上様」が変化した言葉

よって、対等な関係が重視される現代においては、自分のパートナーを呼ぶのに適さない言葉といえる。
 

 

【minnano編集部】
配偶者を紹介する言葉は本当にたくさんありますね!どの言葉を使うかによって、その方の雰囲気や配偶者との関係が何となく推察できる気もするのですが…正しいのは「妻」だけだったとは!?驚きです!
みなさんは配偶者のことをどのように呼ばれますか?女性が男性を紹介する際も「夫」「主人」「旦那」等色々ありますよね?ぜひ教えて下さると嬉しいです!みなさんのレポ、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2017年7月4日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)