【この差】「主婦が作るナポリタン」と「プロが作るナポリタン」の差

専門家:大澤正季(銀座「煉瓦亭」6代目料理長)

 

【この差】は…

 パスタの茹で方の差
 ケチャップを入れるタイミングの差

 

 

【この差】のポイント!

パスタは太麺を使い、前日に茹でて一晩冷蔵庫で寝かせる。 

ケチャップはパスタを入れる前に具体と一緒によく炒めて酸味を飛ばす。

 

「主婦が作るナポリタン」と「プロが作るナポリタン」にはどれくらい差があるのか?

普通の主婦と洋食料理人に、同じ食材、同じ家庭用コンロ・キッチン用品を使って「ナポリタン」を作ってもらった。

 

パスタの茹で方の差

普通の主婦は沸騰したお湯に塩を入れ、一般的な1.4mmのパスタを茹でる。

プロの料理人は、1.8mmのパスタを使う。ナポリタンの場合はモチモチ感が重要なので太麺を使う。

パスタは前日に茹でておいて冷蔵庫で一晩寝かせた麺を使う前日に茹でて寝かせると水分が中まで浸透してソースとの絡みが良くなる

茹でたままだと伸びてしまうが、一回氷水で冷やすとそれ以上伸びることはない

さらに、サラダ油を麺に絡めておくと、一晩おいても麺同士がくっつかない

 

ケチャップを入れるタイミングの差

普通の主婦は、ピーマン・玉ねぎ・ベーコン、マッシュルームなどの具材を炒め、茹でたパスタを入れて、最後にケチャップを入れていく。

プロの料理人は、具材を炒めた後、パスタを入れる前にケチャップを入れる先にケチャップを入れて加熱することで、ケチャップの酸味が飛んでまろやかな味になる。最後にケチャップを入れてしまうと酸味が飛ばないので厳禁!

ケチャップの量は一人前あたり大さじ6杯が目安

具材とケチャップを約1分半炒めて酸味を飛ばしたら、パスタを入れる

最後に隠し味として牛乳を一人前あたり大さじ1杯半入れる牛乳を入れることでよりまろやかな味わいになる。

 

【minnano編集部】
前日に茹でておいたパスタを使うとは、衝撃です?!

パスタを入れる前にケチャップをよく炒めたり、最後に隠し味に牛乳を入れたり、ちょっとしたプロの技をぜひ試されてみて下さい!!

みなさんの感想やエピソード、オススメのパスタレシピなどレポして下さると嬉しいです!みなさんのレポ投稿、お待ちしています♪

 

konosa-try

 
※「この差って何ですか?(2015年8月9日放送)」をチェック!!
(配信準備中の場合や都合により放送できない放送日があります。ご了承ください。)